Kumoyuni45 > 車両動向 > JR貨物の正しい新製両数と今年度注目される理由

JR貨物の正しい新製両数と今年度注目される理由

車両動向
京都鉄博展示に備える車両達。後ろは…。

Webサイト「4号車の5号車寄り」管理人です。よろしくお願いします。

いちさとをフォローする
19 Likes

毎年、JR貨物の新製両数は誤報が続出します。今年度で言えば、EF210が11両と流している記事は誤報です。正しい新製両数と共に、今年度、なぜ注目されているかをまとめておきます。

ダイヤ改正プレスリリースが一因

JR貨物のダイヤ改正プレスリリースには、プレスリリースを出した年度の新製両数が掲載されます。
12月頃に出るので、この数字を次年度の新製両数と誤解している記事が多いです。
2021年3月改正のプレスリリースは、2020年12月に発表されました。車両の新製はEF210が11両、HD300が1両、DD200が6両です。2020年度に出場した両数は、EF210が11両、HD300が1両、DD200が6両です。つまり、2021年度では無く、2020年度に出場した車両数と合致しています。

https://www.jrfreight.co.jp/storage/upload/864ccac61055cdb3d9eb1a8c311cf225.pdf

2020年度新製両数の初出情報

2020年度の新製両数は、2020年4月の交通新聞に、EF210が11両、HD300が6両、DD200が1両と明記されています。この年はたまたま交通新聞(またはJR貨物)がDD200、HD300を取り違えていますが、例年は正しい両数が4月に分かります。
交通新聞は、JR貨物の設備投資計画を取材する際に、車両数を必ず聞き出して記事にしています。それ以外に、J-Trainなどの専門商業誌に内容が記載されることがあります。

貨物会社の新製計画
4月2日付の交通新聞によると、2020年度に新製する機関車はEF210-300×11両、HD300×6両、DD200×1両となります。事業計画によると約69億円で、貨車は製造しない予定です。すでに川重ではEF210-320が目撃されています

2021年度の新製両数

2021年4月の交通新聞によれば、2021年度の新製両数はEF210-300が10両、DD200が6両、HD300が1両などです。

貨物会社の新製計画(2021年度)
2021年4月6日付の交通新聞に、JR貨物の事業計画が掲載されています。今年度の新製予定は、EF210-300が10両、DD200が6両、HD300が1両となりますが、「~『など』を新製」と書かれており、これ以外にも車両を新製するようです。

今年度の注目点

機関車界隈で注目されているのは、この交通新聞の表現です。「など」と付けられています。この表現が付くのは2017年度以来ですね。

貨物会社の新製計画+α
4月5日の交通新聞によると、今年度はEF210-300×2両、HD300×3両、コンテナ貨車442両などが新製されるようです。JRガゼット2016年8月号によると、DE10後継機はセミセンターキャブの電気式ディーゼル機関車になるようです。例

2017年度は交通新聞に掲載されていなかった新形式・DD200が登場しており、今年度も、機関車界隈では答え合わせが楽しみな1年になりそうです。

+19
Likeが多いとトップページへ掲載されます。
この記事は いちさと さんの見解です。

コメント

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 車両動向 > JR貨物の正しい新製両数と今年度注目される理由
タイトルとURLをコピーしました