Kumoyuni45 > 車両動向 > 組み換えが発生した頃のE233系豊田車

組み換えが発生した頃のE233系豊田車

車両動向
6両中5両を車体新製した青661編成。

Webサイト「4号車の5号車寄り」管理人です。よろしくお願いします。

いちさとをフォローする
+25
25 Likes

昨今、配置区所での編成組み換えは少なくなっていますが、E233系トタH編成は過去に組み換えが発生したことがあります。
その背景として、深刻な車両不足がありました。

ジリジリと予備車を失った2008年夏

2008年6月にトタ青661編成が踏切事故で被災、長期離脱となりました。ご存じの通り、同編成は6両中5両が車体新製となることになります。中央快速線向けの編成が不足すると、青編成が中央快速線を走ることになります(数年に1回発生)が、それが困難な状況となりました。

続いて、2008年8月、トタT35編成が高尾駅で水没し、豊田全体で2編成が使用できない状況となりました。

10月の組み換えと計画運休

2008年10月22日、トタ青661編成、トタT35編成が引き続き離脱する中、トタH52編成の人身事故と、トタH44編成の車両故障が重なり、分割編成が不足しました。急遽、トタH52編成とH44編成から、運用できる編成を組成する組み換えが行われました。

E233系トタH52編成
中央快速・青梅線などで運用されるE233系トタH52編成の動向(2021年10月3日現在)【トタH52編成の動向】豊田車両センターのE233系は、2021年10月3日現在で、10連43本、4連25本、6連27本
H43のブログ~four seasons of E233~ H52編成、10号車のみH44編成のクハで復活
~E233系を中心に、鉄道と風景を~
三鷹支部201ブログ H44+H52!?
鉄道、バス、日常生活について語ってます。 このブログの画像の無断転載は一切禁止です。記事の内容以外のコメントに対するレスは致しかねます。 また、各種回送の日寺間等はお答えすることができません。 画像はクリックして拡大する事ができます(一部の画像を除く)

10月23日にトタT35編成が水没から復旧するも、同日中にトタT2編成が検査入場するなど、ギリギリの運用が続きました。

E233 NETWORK T35編成 本日復帰!

そして、2009年1月19日、ついに計画運休が発生してしまいました。

豊田区E233系の状況
T7編成が入場・H46編成が故障と、2編成が離脱して予備編成が0本になっていた中央快速線ですが、今日はH55編成が離脱し、ついに運休が発生してしまいました。01H運用の上下合わせて2本(600Hと701H)が運休となったようです。※修正&追

車両不足の解消

2009年4月、代替新製された青661編成が復活しました。また、E233系が安定稼働し故障が減ったのか、その後は予備2本+青編成で上手く回していました。

新型車両、故障が少ない印象となり、実際に安定稼働すると故障は少なくなりますが、バスタブ曲線の通り、安定稼働するまでは初期故障が続出し、結構苦しい事態が起きたりします。(なお、201系は武蔵小金井駅高架化工事に伴う運用増で2010年10月まで残っており、一連の状況とは無関係です。)

コメント

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 車両動向 > 組み換えが発生した頃のE233系豊田車
タイトルとURLをコピーしました