Kumoyuni45 > 鉄道コラム > 車両動向 > 225系投入による221系玉突き転属と201系の引退

225系投入による221系玉突き転属と201系の引退

車両動向
みやがわをフォローする
11 Likes

JR西日本は、2020年度から2023年度にかけて、225系144両をJR京都線・JR神戸線に投入し、主に同路線の快速で使用されていた221系を大和路線・おおさか東線に転属させ、201系の全ての車両の運行を終える予定だと発表しました。

在来線車両の新製投入・車内の情報提供の充実:JR西日本
JR西日本ホームページ

期間中に投入された225系

2020年度に8両編成4本(ホシI10~ホシI14編成、40両)、4両編成5本(ホシU6編成~ホシU10編成、20両)、2021年度に6両編成8本(ホシL1~ホシL8編成、48両)、2022年度に6両編成2本(ホシL9編成・ホシL10編成、12両)と4両編成2本(ホシK1編成・ホシK2編成、700番台含む8両)の128両が新製されています。
また、今年度(2023年度)は6両2編成(ホシL11編成・ホシL12編成、12両)が落成済みで、L13編成とL14編成が落成する見込みですが、総数は152両になり、数字が8両分、合いません
これは、新製Aシートが組み込まれた700番台が影響していると考えられ、計画されている144両には含まれないものと見られます。実際に、700番台が組み込まれたK1編成とK2編成のクモハ(先頭車)は、L14編成の続番で落成しています。

221系の転属と201系の引退

神戸新聞やニュースサイト(神戸新聞系)などによると、2024年度から221系を大和路線(関西線)にも投入し、201系を2024年度内に全て引退させる計画です。

(225系の)新規投入線区を走る現行車両の転用により、関西線などで運行する国鉄時代の「201系」は、24年度までに全て引退する予定
*2 JR神戸線など 新快速全車両に車いすスペース 23年度までに置き換え.神戸新聞.2020-02-20.朝刊.25面.

JRおおさか東線や大和路線で活躍している、国鉄時代からの201系車両。JR西日本によると、今年(注:今年=2020年)1月時点で132両、22編成(1編成6両)が運行しているが、新型車両の導入に伴い2024年度中に全車両が〝引退〟する。
*3 国鉄時代から活躍の201系 全車両引退へ 24年度JR西.大阪日日新聞.2020-02-27.朝刊.20面

「おおさか東線」引退後の運行については、「2022年3月12日のダイヤ改正以降の201系については、2024年度まで『大和路線』での運行を予定しております。2024年度以降は、『大和路線』においても221系を転用します」とコメント。
*4 国鉄型車両201系、3月ダイヤ改正で「おおさか東線」引退.2022-09-10.Lmaga.jp.https://www.lmaga.jp/news/2022/03/410600/.(閲覧 2024-02-03)

現在、網干総合車両所に221系は6両編成が8編成在籍し、吹田総合車両所奈良支所には201系は8編成(うち1編成は疎開中)が在籍しています。
221系は全数が奈良へ転属(NC600編成に?)し、201系が全て置き換えることが考えられます。

参考文献

*1 JR西日本のニュースリリース
*2 JR神戸線など 新快速全車両に車いすスペース 23年度までに置き換え.神戸新聞.2020-02-20.朝刊.25面.
*3 国鉄時代から活躍の201系 全車両引退へ 24年度JR西.大阪日日新聞.2020-02-27.朝刊.20面
*4 国鉄型車両201系、3月ダイヤ改正で「おおさか東線」引退.2022-09-10.Lmaga.jp.https://www.lmaga.jp/news/2022/03/410600/.(閲覧 2024-02-03)

コメント

  1. 225系の2024年度中は8両編成を導入で221系を転属でしょうか。

  2. Aシート側は対象外なはずです。
    ダイヤ改正後もJR京都線・JR神戸線などで221系はまだ残るかわかりませんが、
    網干に残っている221系は全て奈良に転用しますが、221系と共通している223系6000番台は2000番台に戻るとしています

  3. 当初の計画では201系の運用数から網干所属の221系は全車が奈良へと転属することが想定されていましたが、2022年3月改正での近畿圏内全域の減便により、各線区とも所要数が減少したためか、6連2本が京都支所へと転属し、F編成として同所の117系の置き換えに充てられており、当初の計画とは異なると思われる動きも見せています。
    また、F編成は奈良支所から転入してきた8連1本を組み換えるなどして計4本が在籍していますが、F2編成が欠番となっていることから、現在網干に在籍している221系の内少なくとも1本は京都支所へと転属すると考えられそうです。

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 鉄道コラム > 車両動向 > 225系投入による221系玉突き転属と201系の引退
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました