Kumoyuni45 > 車両動向 > 東急電鉄・2022年3月31日現在系列別車両数内訳の推測

東急電鉄・2022年3月31日現在系列別車両数内訳の推測

すー(きさらぎ)をフォローする
+9
9 Likes

今年も,東急株式会社の第153期定時株主総会が6/29に開かれることになり,それに合わせて「第153期定時株主総会招集ご通知に際してのインターネット開示事項」が公開されています。

2020年度は,2141F・2142Fの入籍日について資料によって異なる事態が発生していました。
・2021年3月中入籍とするもの:鉄道友の会会報「RAILFAN」,「鉄道ピクトリアル」
・2021年4月竣功とするもの:「鉄道ダイヤ情報」
昨年度の第152期インターネット開示事項に従うと後者の方が正しいことになります。
可能性として,東急電鉄としては年度内竣功としたかったものの,東急(株)の連結決算策定段階で否認され修正を余儀なくされたのではないかと推測します。

さて本題ですが,第153期開示資料のp.2(PDF 4/44)によると,東急電鉄の車両数(2021年度末現在)は1,291両となっています。
昨年度同様,ここから系列別車両数を推測すると以下の通りとなります。
300      20
1000     48(1500番台を含む)
2020     290
3000     98(増結用20両を含む)
3020     24
5000     212
5050     310(4000番台を含む)
5080     70(増結用10両を含む)
6000     42
6020     14
7000     45
8500     24(8522・8530・8622・8630を含む)
9000     75
9020     15
ーーーーーーーーー
旅客車計  1,287
非旅客車    4
ーーーーーーーーー
合計    1,291

「鉄道ダイヤ情報」にて,8500系の販売予定先頭車4両が廃車になっていないと記されていますが,上記からもそれが裏付けられることとなります。

さて来年の今頃は相鉄直通がスタートしているわけですが,果たしてどのような数字になっているでしょうか。

コメント

  1. すー(きさらぎ) より:

    「鉄道ファン」2022/8月号においても2141F・2142Fは2020年度入籍とされており,経理上の取り扱いはともかくも,電鉄車両部としては引き続き両編成を2020年度分としていることがうかがえます。

    0
戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 車両動向 > 東急電鉄・2022年3月31日現在系列別車両数内訳の推測
タイトルとURLをコピーしました