Kumoyuni45 > 鉄道ニュース > 西武鉄道10000系置き換え&新宿線着席サービス刷新が明らかに

西武鉄道10000系置き換え&新宿線着席サービス刷新が明らかに

鉄道ニュース
運営をフォローする
鉄道ニュースは、担当が選定したニュースについて議論を行うカテゴリです。
8 Likes

本日公表された西武鉄道の2024年度設備投資計画において、10000系「ニューレッドアロー(NRA)」を新たな車両へ置き換えると同時に、西武新宿線有料着席サービスの刷新を検討していることが明らかになりました。
約2年後の2026年度中の運行開始を見込んでいるようですが、新たな車両と有料着席サービスはどのようなものとなるのでしょうか。

西武 2024年度設備投資計画(40000系3編成24両導入ほか)
5月9日、西武鉄道は2024年度設備投資計画を公表し、40000系導入や新宿線有料着席サービス刷新(新車導入)などを明らかにしました。車両面に関する計画では、40000系車両を3編成24両導入するとしています。具体的な編成両数については触れ

コメント

  1. 西武新宿線特急用10000系置き換え用の次の新車は60000系でしょうか。

    • 通勤型は40000系のように5桁で、特急型は001系のように3桁になるでしょうか。

    • 新宿線特急もラビューこと001系を導入し、本川越駅特急ホームを8両対応できるように工事するでしょう。
      ちなみに、本川越駅特急ホームは8両編成も入線できることを考慮しているため、西武の特急車は001系に統一したほうが効率的です。

  2. 本川越の特急ホームが7両分しかないのが気になりますね。
    現状7両編成はNRAしかないですし、新宿線用形式を作るか、ホーム延伸かの2択を迫られそうです。

    • これに40000系3編成24両増備を当てはめるとすると、
      地下直(6000系置換)用10連1本10両プラス小江戸代替用7連2本14両、
      なんて解釈もできますから、ホーム延伸を回避することは可能っちゃ可能ですがね、
      さあどうなるか。

  3. 乗りものニュースの取材において、L/C転換座席の採用(を検討)との言及があったようですが、車両の開発・発注にかかる時間などを考慮すると、これがほぼ答えなのではと思います。
    https://trafficnews.jp/post/132601

  4. •新宿線を走る拝島ライナーが成功していること
    •一部時間帯において特急小江戸の乗車率があまりよろしくないこと
    •今後新宿線で種別再編がある可能性があること
    この3点を勘案した時に40000形(L/Cカー)を使用したライナー列車に引き継ぐのが吉なのかなと思います。

  5. 10000系後継車両と有料着席サービスの2項目がどのような文脈で綴られているかニュースリリースを見てきました。
    40000系24両3編成の導入は今年度の実施事項で、10000系の置き換えと直接関連付けた文脈にはなっていませんでしたが、
    これをミスリードすると
    40000系8両編成(L/Cシート?)で10000系を置き換え、(言及されていませんが自ずと)本川越駅の特急ホームは用途が無くなり廃止、
    と読めます。

    • そのような文脈となっているからには2つの計画に関連はないということでしょう。
      40000系の24両3編成を8×3だと仮定すると、それは単純に池袋口もしくは新宿口の2000系置き換え用でロングシート編成だと思われます。
      そうなると有料着席サービス向けの車両としては、車両の共通化の面からも40000系10両L/C車が適切かなと考えます。

  6. ダイヤ改正で平日の16時、17時の本川越発の小江戸1本が所沢始発に変更されたようです。

  7. 『柔軟な運行形態』とは、L/C仕様車増備で既存車を交えた運用にする意味と捉えるのが素直な見方かと思いますが、
    『お客様の着席機会の拡充』は単純なS-Train増発とも取れますし、列車の一部号車を着席指定車両とする運行とも取れますし、10連未満対応路線への直通を考慮してまさかの6+4連で増備する可能性も現時点では考えられます。ただ一番最後の予想は新たに分割併合の扱いを始める(再開する)のか否かが疑問点です。

  8. 新宿線は路線延長が短いので全車特別車の特急は難しかったということでしょう。
    なので名鉄や京阪、阪急京都線のような1,2両の特別車、残りが一般車(L/Cカー)の編成がベターかと。で朝はL/Cカーはロングで一部特別車運行、夕夜間はクロスでライナー運行。
    オールL/Cカーでは通勤ライナーとしては必要十分でも川越観光の客に乗ってもらえなくなります。

  9. 不調の池袋線系統S-Trainは縮小または廃止して西武池袋始発の特急車を用いた特急のみに戻し、逆に新宿線系統に新たに設定するのかも知れません。
    仮にそうなる場合、40000系の転属や配置区所の整理も行うでしょう。
    (001系は地下鉄直通対応の準備工事もされていると聞きましたので、池袋線S-Trainはこちらに置き換え、新宿線のほうをL/C車を用いた東武TJライナー型の着席保証列車とすることも考えられます。)

  10. 特急小江戸改め小江戸ライナーといった形態になるのかな?と思います。
    たとえば夜下りなら西武新宿〜所沢間ライナー、所沢〜本川越間各駅停車とすると使い勝手も良さそうです。(既存の急行は新所沢止まりに短縮すれば乗客分離も可能)
    土休日の小江戸に相当するものはいっそ廃止でも支障なさそうです。東上線や埼京線の方が便利ですから…
    本川越の現特急ホームは、東村山工事完成後に復活するであろう国分寺直通6両編成が使えますね。

  11. 様々な意見ありますが、40000系10両L/C車が適切かなと思いました。
    40000系8両L/C車も使い勝手の面からも有力かなと思いましたが、座席数の問題が気になりました。
    ※10000系の座席数は406人、40000系10両L/C車は440人。8両になると440人から90人くらい減るので減収になります。

    また停車駅も拝島ライナー同様に小平駅から各駅にするのかなと思います。そうする事で東村山駅退避もなくなるほか、各駅停車の運用数を減らせられるのかなと思いました。

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 鉄道ニュース > 西武鉄道10000系置き換え&新宿線着席サービス刷新が明らかに
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました