Kumoyuni45 > 鉄道ピックアップ > 検査期限の迫る京成3688編成 今後はどうなる?

検査期限の迫る京成3688編成 今後はどうなる?

鉄道ピックアップ
鉄道ピックアップは、様々な話題・噂・予想を取り上げる投稿型コンテンツです。→投稿フォーム
17 Likes

<エスセブン さんからの投稿(2024/02/10)>
2020年7月、リバイバルカラーに復元され多くの鉄道ファンの間で話題となった京成3600形3688編成。
事実上の運用離脱時期もありましたが、あれからまもなく4年と検査期限が迫り新型車両3200形も2024年度から導入予定ですが、3688編成はどうなるのでしょうか。

コメント

  1. 今後、3600形の置き換えで京成新車3200形は今後、45年ぶりに川崎車両で製造でしょうか。

  2. 保守的に温存するメリットが見えないので、6両(4+2?)の3200形が登場したら真っ先に置き換えられるような気がします。

  3. 3200形は最初3400形の置き換えをした後、6連の置き換えが始まるかと思います。
    また6連の3500形、3600形に関しては、あくまでも予想ですが、3500形のほうが古いので、そちらから置き換えするかと思います。
    また近日、京急久里浜線の三崎口駅への入線が確認されており、次のダイヤ改正で8連の運用が増加する可能性があります。

  4. 3200形が投入されるまでは、延命かと

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 鉄道ピックアップ > 検査期限の迫る京成3688編成 今後はどうなる?
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました