Kumoyuni45 > Articles by: エスセブン

エスセブン

エスセブンさんの記事一覧

スポンサーリンク

エスセブン

鉄道ピックアップ

車番重複していた?「3787」「3788」【京成電鉄】

2022年11月に脱線事故で被災し、2023年3月に3748編成と一部車両を組み換えた京成3700形3788編成。 同編成のうち事故の影響により廃車になった初代3787・3788号車(及び3748編成の余剰車両)の除籍は、鉄道ファン202...
鉄道ピックアップ

山形線の719系 後継車と今後の動向は? 【 #719系の日 】

奥羽本線の通称山形線と呼ばれる区間で活躍する719系5000番台。 山形新幹線と線路を共用する区間で活躍することから標準軌仕様となっており、狭軌の719系が全て引退した後も現在に至るまで全車が活躍しています。 719系はJR東日本の中で...
鉄道ピックアップ

中央・総武線の東西線乗り入れ区間 ホームドアはどうなる?

現在ホームドア設置が進められている中央・総武線各駅停車は三鷹〜中野間及び西船橋〜津田沼間で東京メトロ東西線と直通運転を行っています。 東西線にはワイドドアの15000系や05系、ドア間隔が一般的な車両と異なる05系や07系が存在し、同...
鉄道ピックアップ

新幹線「East i」 いつまで走るのか?

「新幹線のお医者さん」としてJR東日本管内の新幹線各線及び北海道新幹線・北陸新幹線で検測を行う「East i」ことE926形。 東海道・山陽新幹線で同じ役割を持つ「ドクターイエロー」は後継車が営業用車両と兼用となり退役が発表されました...
鉄道ピックアップ

「黄帯」6117Fも… 西武の休車2編成はいつ復帰するのか?

昨年10月頃より使用休止札が掲出された西武20000系20103Fと、今年6月頃より同様に使用休止札が掲出された6000系6117F。 特に後者は「西武有楽町線開通40周年 記念車両」として黄帯となった特別なカラーリング車両で、注目が高ま...
鉄道ピックアップ

西武6000系「銀顔」 機器更新が後回しとなった経緯は?

西武6000系の量産先行車として副都心線対応工事が行われず、長らくの間原型に近い状態を保ち新宿線で活躍していた6101F・6102F。その姿から「銀顔」や「銀六」とも呼ばれ、幕式の行き先表示機や当時池袋線所属6000系の機器更新が完了したあ...
鉄道ピックアップ

JR九州の非VVVF特急車2形式 いつまで活躍するか?

先日、381系が特急「やくも」での定期運用を終了し、国鉄特急型電車による定期特急列車も全廃となりましたが、それと同時にJR各社にて非VVVF車両で定期運用をもつ特急型電車もJR九州の783系と787系のみになりました。 両形式は未だ第...
鉄道ピックアップ

中央線にTASC導入 どうなる209系?

今年9月以降、中央快速線へTASC(定位置停止装置)が導入されることが明らかとなりました。 これはグリーン車導入やホームドア設置に伴い導入されるものと思われますが、E233系がその対応改造を行う間予備車として運用されている209系10...
鉄道ピックアップ

サステナ車両が来てもなお… 新2000系更新車の短編成化が続く理由は?

7月2日、西武新2000系2091Fが横瀬車両基地に回送され8連から6連に短縮されました。先に同様の動きがあった2077F・2081Fと同様今後は国分寺線などを中心に運用されるものとみられます。 一方で、前日7月1日には国分寺線へ導入...
鉄道ピックアップ

孤軍奮闘の続く東武館林地区8500型8572F いつまで走る?

10000系10000型・10030型の導入により置き換えや亀戸線・大師線への転用が進められた東武鉄道館林地区の8000系8500型。4月21日の時点では最後まで運用されていた8572Fが春日部へ回送されていて、8500型が館林地区から撤退...
スポンサーリンク
HOMEへ
Kumoyuni45 > Articles by: エスセブン
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました