Kumoyuni45 > 車両動向 > 変則的なスタートとなった205系先頭車化改造

変則的なスタートとなった205系先頭車化改造

車両動向
クハ205-1101の車番。元埼京線のサハ205-161。

Webサイト「4号車の5号車寄り」管理人です。よろしくお願いします。

いちさとをフォローする
+25
25 Likes

205系の先頭車化改造の第1号は鶴見線向けクハ205-1101ですが、少し変わった順序で改造が行われましたので、振り返りたいと思います。

一連の大転属の前に行われた先頭車化改造

205系の先頭車化改造、一番最初に行われたのは元埼京線ハエ8編成のサハ205-161でした。鶴見線向けクハ205-1101として、真っ先に改造されています。
同車の捻出ですが、大転属とは無関係に可能でした。というのも、山手線には元々余剰車1両が配置されていたからです。

205系転出(山手線)
【概要】山手線には205系11両52本と、ヤテ42編成の埼京線転出時から保留車になっているサハ204が1両配置されていました。これら205系573両をE231系11両52本で置き換えることになり、捻出された205系のうち、サハ205-45/

 

元ヤテ42編成11連が、1996年に埼京線へ10連で転属して以来、サハ204形が1両保留車として在籍しており、2001年時点でサハ204-902が余剰車になっていました。2001年8月、この車両をハエ8編成に組み込み、6ドア車1両組み込みで営業投入しました。結果、捻出されたのがサハ205-161でした。

https://saikyo0105.komusou.jp/sk02/sk0203.html

 

しばらく営業に就かなかったクハ205-1101

205系の大転属は、ほとんど無駄な疎開を出さずに進められました。例えば、仙石線の205系3100番台は、先頭車が山手線から転入している場合でも、元編成が中間車と異なっている例がありますが、これは工期の長い先頭車化改造車を待たずに、離脱の早かった先頭車化改造車と組んで出場して行ったためです。

205系転入(仙石線)
【概要】103系の置き換えのために、仙石線には、205系の4両編成18本が転入することになりました。下記の編成表で「2WAY」マークのある編成は、クハ205形の車内がロングシートとクロスシートを切り替えられる構造になっており、帯も変更されて

そんな中、クハ205-1101は、改造二番手となる205系1000番台(浜1、浜2編成)に挟まれた5連で鎌倉総合車両所を出場した後、2002年3月から2004年8月まで1両で保留車生活を送っていました。クモハ204-1101、モハ205-26を迎えに行き、3連を組成して中原電車区に戻った姿が下の写真です。

投資効果を考えると、改造はなるべく営業投入の直前に行った方が望ましいですが、クハ205-1101は異例の早期改造になりました。

テストケースとも…

当初より付随車が余剰になる計画だったこと、種車のステンレス鋼体を生かした前例の無い改造だったことから、失敗も織り込んでいたのでは、と言われたりしますが、動く金額を考えると失敗は大変で、考えにくいと思います。
クハ205-1101を需要から逆算して遅めに改造すると、最初の改造車は南武支線向け1000番台(いずれも電動車を先頭車化改造)となり、少数派な改造となってしまうのは事実でした。基本的な改造方法を確認するため、まず工期に余裕があり、基本的な改造となる1両をじっくり改造して、その後の改造に生かしたのではと思います。
「光センサー占い」とも呼ばれる初期の転属先を制約する要因もありましたが、別の記事でご紹介します。

コメント

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 車両動向 > 変則的なスタートとなった205系先頭車化改造
タイトルとURLをコピーしました