Kumoyuni45 > 鉄道コラム > 車両動向

車両動向

車両動向

車両動向

京成電鉄3500形 波瀾万丈な車生

登場から52年と京成電鉄のみならず関東大手私鉄でも最古参になったものの、現在でも第一線で活躍の続く3500形。編成組み換えを容易にできることからも重宝されています。今回はそんな3500形の波瀾万丈であった車生についてご紹介しようと思います。...
車両動向

熊本市電の3連接車両の導入計画、10→5編成に見直し?

熊本市電は、バリアフリー化や混雑緩和、老朽化した車両を取り替えなどため、2024年度から、熊本市電では初めて3連接車両(画像)が導入される計画となっています。 熊本市交通局の経営計画や、令和6年度当初予算(案)(※可決済み)から、3連接車...
車両動向

野田線で余剰になる10030型リニューアル車を中心とした今後の動きを予想する

2024年度より5両編成の新型車両80000系が導入予定の東武野田線(アーバンパークライン)。 現在活躍している車両のうち60000系は1両脱車の上80000系への編入し、5両編成化され今後も活躍が見込まれますが、その他の8000系・10...
車両動向

幻に終わった、211系の「VVVF化+新潟転用」計画

2024年度より高崎車両センター211系に対して延命化工事が行われることが明らかとなりました。内容は「ベンチーレーターの撤去」や「幕板を貼る工事」となり、分かる範囲では雨漏り対策などといった、リニューアルとは程遠い、必要最低限の延命措置と感...
2024/02/26
車両動向

225系投入による221系玉突き転属と201系の引退

JR西日本は、2020年度から2023年度にかけて、225系144両をJR京都線・JR神戸線に投入し、主に同路線の快速で使用されていた221系を大和路線・おおさか東線に転属させ、201系の全ての車両の運行を終える予定だと発表しました。 ...
車両動向

227系A33編成の離脱とA65編成が登場

広島地区の227系は0番台として、2015年から2019年にかけて276両が投入され、山陽本線(福山 - 新山口)や呉線、可部線で運行されています。 そんな227系0番台に、Twiiterを盛り上げた「A33編成」と「A11編成」、そして...
車両動向

211系代替車はどうなる? —E131系による置き換えの可能性を考える

一部編成の廃車が進む211系ですが、その代替車両はどのようなものになるでしょうか。登場の可能性が想定される新造車の形態を考えます。 新車の可能性 代替形式を新造する場合、もっとも近い仕様となるのはE129系列(SR1系を含む)と、E13...
車両動向

東急電鉄、2023年度は「10両」を新製予定?(計画変更の可能性)

東急電鉄は、2022年度までに田園都市線に2020系などを投入し、8500系を初めとした同路線の旧型車両を置き換えました。 今後は、大井町線での更新が計画されているほか、池上線・多摩川線の1000系の置き換えも時間の問題と見られます。 ...
2023/12/12
車両動向

どうなる?北綾瀬支線の05系

千代田線の北綾瀬支線では、現在支線専用列車として05系の3両編成が運用されています。製造から30年以上・B修繕から10年が経過しますが、今後の動向はどうなるのでしょうか。 北綾瀬支線の05系とは 北綾瀬支線用の05系は、東西線に15...
車両動向

行先表示器のFC-LED化が止まる東上線50000型・車両動向への関連性は?

今年春に突如として行われた東武50000型(東上線向け)の行先表示器のフルカラーLED化ですが、春に行われた4編成を最後に更新が行われていません。動向を整理したうえで、車両動向との関連性を検討します。 行先表示器のフルカラーLED化 2...
スポンサーリンク
戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 鉄道コラム > 車両動向
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました