Kumoyuni45 > 車両動向 > どうなる?YOKOHAMA NAVYBLUEへの塗装更新

どうなる?YOKOHAMA NAVYBLUEへの塗装更新

みやがわをフォローする
+8
8 Likes

相鉄の新ブランドである「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー)(基本的に以下、YNB)」。2015年から開始された9000系のリニューアルから始まるこの車両塗装。日経のインタビュー形式の記事によれば22年度までに8割の車両をリニューアル・新製し、YNB塗装へと変更し、24年度までに全47編成をYOKOHAMA NAVYBLUEへとする計画(ソースは後述)です。
しかし、この記事はコロナ禍以前の2019年の3月や7月に配信された記事であり、昨今の情勢による減収でどうなるのかは分かりません。また、この記事が本当なのかも正直分かりませんが、この報道内容やこれまでの車両動向を軸に話していこうと思います。

これまでの報道

2022年度に「約8割をYOKOHAMA NAVYBLUE」の色に

12000系が公開された当時、相鉄HD取締役副社長執行委員の方が日経の取材に対して、「現在は9000系が5編成、20000系が1編成ですが、12000系を含めて順次増やしていき、22年度には全車両の8割程度をこの色にしていく予定です(当時)」と回答しています。(2019年3月28日配信)

相鉄が12000系車両を公開 ネイビーブルーに込めた思いとは?
相模鉄道などの運輸業の他に不動産、流通などの事業を展開する相鉄ホールディングスが、都内への相互直通運転開始を前に、ネイビーブルーの新型車両を公開した。クリエイティブディレクターを起用し、デザイン経営を推進する林英一社長が車両の色に込めた思いを語る。

「全47編成」のYOKOHAMA NAVYBLUEへの統一

相鉄直通開業前直前の2019年夏の日経の記事では、会員ではないため全文が見れず、情報源が定かではないものの、「2024年度をメドに鉄道車両の全47編成をブランドカラーの濃紺色に統一」との旨の記載があります。なお、編成表からは2022年4月現在42編成が在籍しており、今年度は21000系が5編成投入されることになっていてます。これにより、2022年度までには全47編成が揃うことになるため、2019年に当てずっぽうに「相鉄が保有する全47編成がYNB塗装にする」と報道したとは考えにくいです。

相鉄新横浜線開業に伴う新製両数について
4月25日付で国交省からプレスリリースされた「相鉄・JR直通線(西谷・羽沢横浜国大間)の開業に伴う旅客運賃(加算運賃)の設定」に関する答申ですが、3月12日付の審理に付属する配布資料に、12000系、20000系の製造本数が掲載されています
相模鉄道 編成表
相模鉄道の編成表をまとめています。
相鉄、車両・駅刷新しブランド強化 東京へ直通運転で
相鉄ホールディングス傘下の相模鉄道は、鉄道車両や駅の更新工事を強化する。2024年度をメドに鉄道車両の全47編成をブランドカラーの濃紺色に統一し、分岐駅などでは改修やホームドアの新設を進める。11月30日を予定するJR東日本との相互直通運転により東京都心に直接乗り入れることから、グループ全体のブランド力を向上して利用客...

YOKOHAMA NAVYBLUEへの塗装更新、現状は?

リニューアル前と内外装共に変わり果てた9000系

初めて『YOKOHAMA NAVYBLUE』塗装を纏ったのは9000系です。9000系のリニューアルのメニューはどうだったのか、今後の本計画の鍵を握りそうなのでおさらいしておきましょう。

▼9000系のリニューアル(参考・Wikipedia)

相鉄9000系電車 - Wikipedia

車体塗装はもちろん、床材や化粧板、シートの一部をスコットランド製を採用するなど、車内サービスの向上と車体を更新し、「新型車両」と言われても納得するような仕上がりになりました。第一陣は9703×10で2015年より開始、その後9701×10を除いた全編成が、2019年にリニューアルが完了しました。残念ながら、リニューアル対象から外された9701×10は2020年12月に廃車されています。

YNB塗装による斬新なデザインによるイメージアップ戦略ですが、もちろん車両の更新には時間とコストをかなり要します。さらに、コロナ禍によるステイホームなどによって、減収なのは明らかであり、YOKOHAMA NAVYBLUEへの塗装更新等の計画は、直近の車両動向から迷走しているように、受け取れます。

1編成しか行われていない8000系の "中途半端な" リニューアル

8000系のYNB編成は8709×10編成のみで、2019年12月中旬頃より運用離脱し、翌年3/13に運用復帰しました。ただし、9000のような大胆なリニューアルは施されず、中途半端な仕上がりとなっています。

床材や化粧板などは交換されず、LCDへの更新も見送られました。が、座席やつり革だけ更新されなど、最小限に抑えられているのが印象です。前述の通り、リニューアルはこの編成のみで、8701×10から8707×10は廃車済みですが、21000系の製造数や報道内容から8000系はしばらく安泰と思われます

相鉄線運用情報
相鉄8000系8709F(8709×10)、リニューアルを終え運用復帰
相鉄8000系8709F(8709×10)がリニューアル(YNB化)を終え、運用に復帰しました。8709×1053ウ(2)で運用開始しました。 pic.twitter.com/efihLnwq2y— ふたまた (@futamat

迷走する10000系のリニューアル

2019年10月に相鉄10701×10が長野総合車両センター(以下、NN)へ甲種輸送され、同センターへ入場し、機器更新など行い、翌年の1月にNNを出場してかしわ台車両センターへと帰還し、5~6月に夜間試運転を行った後、リニューアルのためかしわ台車両センターに入場しました。その際、車体のYOKOHAMA NAVYBLUE化はもちろん、内装もそれに準じた諸改造が何点か行われましたが、8000系同様、LCDや床材等の更新は省略されました。なお、9月からはリニューアル後の日中の本線試運転が始まり、11月には運用復帰しました。8000系のような車内改装に留まりましたが、8000系と比べると違和感は少ない印象です。

相鉄10000系10701F、甲種輸送中
相鉄10000系10701Fの甲種輸送が行われています。相鉄10000系 甲種輸送(長野行き)EF65 2063+10000系10701×102019/10/03 大船駅にて。 pic.twitter.com/yg8nCrRMBU&mdas
10000系10701編成出場
長野総合車両センターに機器更新のため入場してた、相模鉄道の10000系10701編成ですが、1/20、出場し甲種輸送されてます。牽引機はEH200-23です。このあとの改造はかしわ台でやる模様です。相模鉄道10000系10701FのNN出場
相鉄10000系10701Fに改造とみられる動き
相鉄10000系10701Fに改造とみられる動きがありました。機器更新を行い、先日深夜に試運転した編成です。前照灯や行先表示器が抜かれています。YNB化に着手するかもしれません。長野から機器更新で戻ってきた10701Fですが、先週に夜間性能
相鉄10000系機器更新車が運用復帰
長野で機器更新、かしわ台でYNB化を実施した相鉄10000系10701×10(10701F)ですが、本日より運用へ復帰しています。既報の通り、車内は座席やつり革が交換されている一方、車内案内表示器はそのままです。しれっと運用復帰してやがる!

更に、2020年秋には10702x10が10701x10と同様の改造工事を施工するため、NNへ甲種輸送されました。翌年3月には機器更新等の更新工事を終えて、NNを出場し、厚木(かしわ台)まで甲種輸送され、相鉄線へ帰還しました。10701x10同様のYOKOHAMA NAVYBLUE塗装や、それに準じた諸改造が行われると予測されましたが、塗装の更新等を省き、灯具等の変更に留まり、11000系と似た姿となったので、一際話題を寄せました。今もなお、その姿で今日に至ってます。

相鉄10000系10702F 甲種輸送
甲種輸送に向けた準備が確認されていた10000系10702Fですが、10月27日より甲種輸送が行われています。EF65-2096+相鉄10000系10702FNN入場甲種輸送 pic.twitter.com/Y42COQSUWN&mdash
相鉄10000系10702Fが長野出場
長野総合車両センターに機器更新工事のため入場していた相鉄10000系10702F(10702×10)ですが、本日同所を出場し甲種輸送が実施されています。相鉄10000系の機器更新出場は2編成目となります。相模鉄道10000系10702Fの甲
相鉄10000系10702編成の灯具位置が変更
本日かしわ台車両センター構内にて、相鉄10000系10702編成の灯具の位置が10701編成と同様の配置に変更された姿が確認されています。同編成はJR東日本の長野総合車両センターで機器更新を行い、現在はかしわ台車両センターに入場していますが
10702×10が従来外装のまま本線試運転
灯具位置の変更が確認されていた相鉄10000系10702×10(10702F)ですが、グループの通り、昨日25日に、従来の外装のまま本線試運転を行いました。行先方向幕はフルカラーLEDとなり、車内の変更点は見受けられないようです。なお、87
相鉄10702×10が従来外装のまま運用入り
先日試運転が確認された相鉄10000系10702×10(10702F)ですが、昨日28日に24運用で厚木へ回送されたのち、本日21運用で営業運転を開始しました。同編成は従来の外装のまま灯具の位置の変更を行っていました。10702×10 海老

更に、昨年12月上旬には10000系で初めて8連(10703×8)がNNへ入場し、以前の2編成と同様の機器更新等を行い、3月下旬に同所を出場し、今後のリニューアル等のメニューに注目が集まっています。

相鉄10703×8甲種輸送
甲種輸送に向けた準備が確認されていた10000系10703×8(10703F)ですが、11月29日より甲種輸送が行われています。鉄道ダイヤ情報12月号によれば明日午前にかけて長野へ甲種輸送される予定で、JR東日本の長野総合車両センターで機器
相鉄10703×8が長野出場
長野総合車両センター(NN)に機器更新工事の為に入場していた相鉄10000系10703×8(10703F)ですが、本日同所を出場し甲種輸送が実施されています。相鉄10000系の機器更新出場は3編成目で、8両編成では初めてのこととな

さらに、2022/4/24現在、従来の10000系リニューアルメニュー同様に前照灯が撤去されています。YNB化をしないのであれば、10702x10と同様のメニューになりそうです。

相鉄10703×8の前照灯が撤去される
先日長野総合車両センター(機器更新施工)を出場した相鉄10000系10703×8(10703F)ですが、本日かしわ台車両センターにて前照灯が外された状態になっているのが確認されました。機器更新を行った同形式は前照灯の位置を今までの前面下部か

どうなる?今後の本計画

まず、2024年度までに全編成をYNB化するのは不可能だと思います。10000系の場合はリニューアルを先行し、そのうちYNBへと塗装を更新するものと思われます。10000系の機器更新は冬にNNにて施工されているため、今年の冬も同形式が入場するのかも注目です。
9000系のリニューアルにかなりの予算を要したことや、コロナ禍による経営悪化などで、今後は8709×10や10701×10のような、9000系と比べ簡略化されたメニューになると思われます
また、YNB化に関する詳しい話題は報道のみで、公式から詳しいニュースは発表していません。今後の報道や事業計画・設備投資計画に注目です。

コメント

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 車両動向 > どうなる?YOKOHAMA NAVYBLUEへの塗装更新
タイトルとURLをコピーしました