Kumoyuni45 > 車両動向 > E235系で幻になった編成番号とJ編成の由来

E235系で幻になった編成番号とJ編成の由来

車両動向
E235系1000番台。基本編成はF、付属編成はJ編成。

Webサイト「4号車の5号車寄り」管理人です。よろしくお願いします。

いちさとをフォローする
+22
22 Likes

総武快速・横須賀線向けE235系1000番台、1本目の基本編成は「F-01」、付属編成は「J-01」編成となっていますが、出場前に別の編成番号が付けられていました。変更された理由と、編成番号の由来について推測します。

新津事業所構内のE235系1000番台

フォーラムでJ-TREC新津事業所構内の様子をお伝えしたのは、2020年5月17日でした。付属編成の編成番号は「J01」となっていることを現地で確認しています。

E235系1000番台(クラJ01編成ほか)の詳細
J-TREC新津事業所の総武快速・横須賀線向けE235系について、編成・番台区分の大枠が見えましたので、ご報告致します。先月から複数人・複数回の調査を実施してきました。  ◇編成5月上旬までに15両編成中、車番確認が10両、車番標記未了が1

その後、数日で、F01編成も姿を見せ、このまま出場するように思われました。

編成番号を剥がして行われた基本編成の公式試運転

ところが、2020年6月3日に行われた基本編成の公式試運転は、編成番号が剥がされた状態で行われました。何らかの編成番号の変更が予測される状況となりました。

E235系1000番台鎌倉向け基本編成 J-TREC新津出場・公式試運転
総合車両製作所新津事業所で製造されていた総武快速・横須賀線向けのE235系1000番台の基本編成(クラF01編成?)は今日午前中、グリーン車2両(同横浜事業所製造)が組み込まれた状態で新津事業所から出場しました。現在出場に引き続き公式試運転

新編成番号が明らかに

下のTweetは、Twitter上でF-01編成を初めて目撃した投稿となり、話題になりました。同編成は、配給まで留置される新潟車両センターで編成番号を付けたことになります。

仮に「FXX編成」のまま出場した場合、最終編成が同一線区を走るE233系ケヨF51編成と重複する問題があり、その辺も理由になったのではと思います。結果  「F-XX編成」のようにハイフンを追加した番号で統一されることとなりました。

それぞれの編成番号の由来

E235系のF編成はフナ(大船の電略、鎌倉車両センターは元を辿れば大船電車区)、E217系のY編成は横須賀線が由来だと思います。前者はE217系、後者は113系で使われており、歴史と伝統のある編成番号です。ではJ編成はどうでしょうか。

私が最終的に辿り着いたのは、藤沢が由来なのではと言う説です。鎌倉車両センター場面で、基本編成は大船方、付属編成は藤沢方ですよね。(一時期、湘南貨物駅が挟まったものの、15年ほどの短期間でした。)

「ふじさわ」の「ふ」は大船と被るので、「じ」から取って藤沢方はJ編成にしたと…。

コメント

戻る HOMEへ
Kumoyuni45 > 車両動向 > E235系で幻になった編成番号とJ編成の由来
タイトルとURLをコピーしました